私の想い
少年は大人のいうことが
嘘であることを見ぬいていた。
でも逆らうと痛い目に遭うと
思って黙っていた。
いつの間にか
嘘をつく大人になっていた。
そして嘘がまかり通る
世の中が続いていった。

このような世の中にしないよう
真実を追求する政治を
貫くべきだと思います。

人は決して強くない存在です。
自己の利益のため保身に走るのも
人間の業かもしれません。

これに打ち勝ち
万人が嘘をつかなくても
幸せに生きていける社会を
創らなくてはなりません。

それが使命であると
信じています。
私は挑戦し続けます。

伊藤信太郎